メール
無料電話相談について

無料電話相談は、小堺桂悦郎の本をお読みいただいた読者の方への、特典サービスです。

あらかじめ書籍をお読みいただくことで、限られた時間を効率的に使ってご相談いただくことができます。
とは言え、もちろん書籍は1冊でも、内容をすべて理解していなくても大丈夫です。ご安心ください。

まだ、本を読んだことがないという方は、こちらの書籍ガイドを参考に、ご自身の環境やお悩みに近い書籍をご確認ください。
粉飾している方には『粉飾バンザイ』、資金繰りにお困りの方には『借金バンザイ』がおすすめです。

また、電話相談の際に、「今のお悩みにはこちらの書籍の方がいいですよ。」と申し上げることもあります。そのような時は、ご遠慮なく、再度、無料相談をご活用ください。

…と、文章ですとなんだか固くなりますが、書籍一覧はこちら

いきなり電話

OK、かまいません。
でも、話すことは資金繰りのことでしょう?
それなら、手許に決算書とかあったほうがいいですよね。
いまの借入れ残高は?債務超過ですか?売上は?・・・・。

メール

メールでの回答はしません。
しないというか、できないんですよね。
メールだけでは情報量が足りない、という場合がほとんどです。
結局、「詳しくはお電話で」と返信することになります。
メールで銀行交渉をすることはありませんし、ね。

おすすめ

メールで、カンタンに会社内容と決算・借入れ内容を書いていただき、
後日電話をいただく・・・というのが、お互いに、いちばん、効率がいいですね。

月曜以外

じつはね、やってますよ、月曜以外でも。
私が事務所にいて、手が空いていれば、そりゃ電話にでますよ。
だって、月曜だけってわけにはいかないじゃないですか。
気になりはじめたら・・・待てないでしょ。

実際の、電話相談の様子は…
ぷるるー 「ハイ、コザカイ事務所です」
「あのー、本読んで、ホームページ見て電話しました…」
「はい、ワタシが本人です」
「え?あ、どうも、………」
「えーと、で、いま、どんな感じですか?」

と、どんな感じ?で始まる、そんな電話相談です。

これ、銀行交渉の練習という意味もあるわけです。
担当なんているようでいないのが今の銀行取引。
電話から伝わる情報は、交渉の際の重要なポイントになったりしますので。